坂道シリーズまとめブログ 坂道発信

欅坂46、日向坂46、乃木坂46の坂道シリーズのまとめサイト

1: 名無しって、書けない?(愛知県) 2020/09/10(木) 10:55:56.34 ID:Lh87NKd50
特に面白くもないし、顔が良いだけの乃木坂、佐々木琴子ルートだよな・・・

【守屋麗奈って大丈夫かな?】の続きを読む

1: 名無しって、書けない?(東京都) 2020/09/08(火) 13:06:37.07 ID:04soXZ+G0
志田愛佳、地元・新潟で自身初のラジオ冠番組10・5スタート「素の自分を」
[ 2020年9月8日 11:10 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/08/kiji/20200908s00041000124000c.html
 新潟県出身でモデルの志田愛佳(21)が自身初の冠番組を10月5日にスタートさせる。BSNラジオ「志田愛佳のLuna×Mona」(毎週月曜午後9時半~同9時55分)でメインパーソナリティーを務め、
パートナーの大塩綾子アナウンサーとともに“女子会トーク”を展開する。
 初めて冠番組を持つことになった志田は「新潟でスタートさせることができてうれしい」と笑みを浮かべた。

 3日には初の収録が行われた。大塩アナとも初対面。「最初は凄く緊張したけど、(大塩)綾子さんがサポートしてくれて自然にできた」と振り返った。

 「志田愛佳のLuna×Mona」は25分間番組。志田と大塩アナの掛け合いの形で進めていく。最大の売りは「まなかとNIIGATA DRIVE」。
志田と大塩アナが車に乗って新潟県内をドライブしながらおしゃべりするコーナー。3日の収録では新潟市の青山海岸に出掛けた。

 以前にプライベートでドライブした場所も通ったという。「懐かしかった。海岸沿いの道は木に囲まれて奇麗で“海外みたい”と思った。外に出て凄く開放的になって楽しかった」。素足になって遊ぶなどリラックスした時間を過ごした。

 緊張がほぐれたのか。車内では「理想のデート」についてのトークも。志田は「昼に海沿いまでドライブして、カフェでランチして、暗くなって帰る。そういうデートをしてみたいな」と話した。

 今後も2人が自らハンドルを握って県内各地を巡る。「新潟県内で行ったことがない市町村に行きたい。(観光名所の)笹川流れとかにも行きたい」。番組公式インスタグラムを開設し、ドライブ中の動画や画像を紹介する準備も進んでいる。

 18年にアイドルグループを卒業した志田はモデルとして活動している。今年2月に開設した公式YouTubeチャンネルは登録者数が15万人を突破するなど人気を集めている。
ラジオ番組出演は新たな挑戦。「ラジオはしゃべることに集中できる。素の自分を出せているので、楽しく聴いてもらえたらうれしい。女性にも聴いてほしい」とPRした。

【志田愛佳 地元新潟でラジオ冠番組スタート!】の続きを読む

1: 名無しって、書けない?(光) 2020/09/07(月) 18:34:54.90 ID:/Dj+7s3Pa
欅坂のメンバーというよりアンダーグループのメンバーって感じ
やっぱ欅坂=1期生なんだなっていうのがあるよな

【欅坂 2期生って正直…欅坂じゃなかったよな】の続きを読む

1: 名無しって、書けない?(ジパング) 2020/09/07(月) 19:16:36.42 ID:EdusLHcOM
やっぱ、鳥居坂オーディションの日だよな?

【タイムマシンで過去に戻り欅坂崩壊を止めるならいつに戻る?】の続きを読む

1: 名無しって、書けない?(神奈川県) 2020/09/05(土) 15:48:29.39 ID:wGnL3DcS0
語れ!

【日向坂46佐々木久美と欅坂46菅井友香のキャプテン】の続きを読む

1: 名無しって、書けない?(東京都) 2020/09/05(土) 10:17:50.44 ID:kgSavpMM0
804名無しって、書けない?(SB-Android) (オッペケ Srbb-p7Gi)2020/09/04(金) 07:14:12.68ID:7d7WDsxnr
2017全ツ名古屋2日目

1日目に続いて平手不在 スタッフから代理センターをたてる提案が出され

TAKAHIRO指導のもと鈴本センターで不協和音のリハをするも、守屋がステージ上で居眠りする

菅井「昨日の公演(センター歯抜け)と同じようなものは見せられないなって思っていて。
 てちのいないポジションを他のメンバーで埋めるって対策を考えて下さったんですけど・・・」

理佐「やりたくなかった、正直。やりたくなかった。
 平手にしかあそこは出来ないし。だから、そこを誰かで穴埋めするのは違うかなって個人的に思っちゃって」

齊藤は1日目の公演を後ろから見ていて、メンバーの動揺やダンスの不揃いを感じ、

切羽詰まって2日目の公演直前に脱走する

齊藤「(号泣しながら)メインメンバー(平手)がいないといる意味がない。
 何の為にみんなで頑張ってきたの? わかんない」

異常事態に茂木が全員を集める

茂木「どういう気持ち? 欅坂って平手がいないと成り立たないのかって俺は言われたくない。
 こんなに素晴らしい才能が集まっていて。(平手が)いるにこしたことはないよ、もちろん。
 そんなの当たり前だよ。いるにこしたことはないんだけど、いなかったら総崩れしちゃうんだ?
 表情もなくなっちゃうんだ? みんなダメになっちゃうんだ? みんなテンション下がっちゃうんだ?
 やっぱり平手に支えられてたグループなんだって言われたら、俺くやしいもん。
 平手がいなきゃ何も出来ないのかなこのグループ。
 平手がいなくても、私たちが楽しませてあげるよっていうエンターテイメントが作れないかな。
 っていうところで考えた方法論(代理センター)ではあります。
 ただ、みんながそれに対して、これじゃやれないって言うならしょうがない」

その後、メンバー同士の話し合いが行われ、結果

守屋「大半は代理を立てるってことに(反対)。賛成する子は少なかったですね。
 私もその中の一人で。誰かが出来るものじゃないっていうか。
 平手だから成立するって思ってて。正直やっぱり、バックダンサーだって感じることはあったから。
 でも、それは平手の後ろだから出来るってこともあったと思うんですよ。
 だから、他の誰かがそこ(センター)に立ったり、自分が出来るのかその当時は勇気がなかった」

原田「その時にみんな無力だよねって。てちがいなきゃパフォーマンスが出来ないっていうのは。
 でも、どうしたらいいのかなって感じでした。自分自身ずっと悩んでいても解決する問題でもないし。
 やっぱ最初からバーンときちゃって(売れて)ぶつかっちゃった壁なのかな」

【欅坂46 全国ツアー2017 センター空白の裏側】の続きを読む

このページのトップヘ