坂道シリーズまとめブログ 坂道発信

欅坂46、日向坂46、乃木坂46の坂道シリーズのまとめサイト

    渡邉理佐

    1: 名無しって、書けない?(神奈川県) 2020/01/31(金) 07:35:28.58 ID:RM+Otwv50
    緊急事態宣言なんだけど

    【【不穏】あと2人いるとされる 濃厚卒業 って誰と誰なの?】の続きを読む

    欅坂46の1期生の“ベリサ”こと渡邉理佐が、4月30日発売のアイドル誌「月刊エンタメ」(徳間書店)の表紙&特集ページに登場。ライブでの代理センター経験時を振り返り、「キツい」「こわい」と語ったため、今年1月までエースとして君臨した平手友梨奈への評価が再び高まることになった。

    「渡邉いわく、センターは『“自分対その他”っていう感覚がものすごく強く』感じられるらしく、周囲の視線に恐怖心を抱いたとのことです。これまで発表された全シングル表題曲で同ポジションを務めた平手は、デビュー当時は最年少の14歳。お姉さんメンバーを従えて重責を担ったことに対し、改めて称賛が集まったようです。

    【【手のひら返し】今になって○○の評価が爆上がり!?】の続きを読む

    18: 名無しって、書けない?(茸) 2020/02/04(火) 17:50:16.11 ID:HLr2tgDad
    理佐卒業したら古参の大半は辞めるだろうな
    1期のお見立て会から追ってる俺も卒業するよ

    【【緊急】渡邉理佐が卒業したら欅坂46を見切る奴どれくらいおる?【欅坂46】】の続きを読む

    1: 君の名は(SB-iPhone) (ササクッテロ Sp5b-4Ewr) 2020/05/03(日) 13:51:58.01 ID:W3dbVvfsp
    名無し⊿@nanashizaka
    渡邉理佐さん「20歳をすぎて自分たちの方が成長すると、楽曲の内容を冷静に捉えちゃう部分が出てきたんです。
    歌ってる自分と歌詞にギャップを感じるようになったというか」(月刊エンタメ2020年6・7月合併号)
    19:20 - 2020年5月1日https://twitter.com/nanashizaka/status/1256166496314593281

    渡邉理佐さん、『黒い羊』について「歌詞から感じるちょっと幼い部分とか、10代だからこその考え方も、理解はできるんです。
    ただ、実際の自分はもうそういう歳じゃないので、100%は共感できていなかったと思います」(月刊エンタメ2020年6・7月合併号)
    19:20 - 2020年5月1日https://twitter.com/nanashizaka/status/1256166679492431874

    ま@mpmjptwa
    「歌詞から感じるちょっと幼い部分とか、10代だからこその考え方も、理解はできるんです。
    ただ、実際の自分はもうそういう歳じゃないので、100%は共感できていなかったと思います」
    これです。
    理佐は幸せな…

    続きは質問箱へ

    #Peing #質問箱

    23:45 - 2020年5月2日https://twitter.com/mpmjptwa/status/1256595677758406656
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【悲報】やっぱり渡邉理佐って辞めちゃうんじゃない?】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(水都アリスタシア) 2020/03/28(土) 00:21:43.73 ID:BS4vVnnT0
    Showroomにて発言

    【渡邉理佐「欅坂ヲタと付き合う可能性もあり得る」】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2019/06/19(水) 00:18:53.66 ID:e/cfxl079
    アイドルグループ「欅坂46」の渡邉理佐さんが、19日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第29号の表紙に登場した。

    可愛い、そして美しい渡邉理佐 「マガジン」写真を一挙公開

    「晴れの日、君と自転車で」をテーマに、渡邉さんが自転車に乗ったり、寝そべったり、はしゃいでジャンプしたりする写真などが掲載された。
    同号は、砥上裕將さん原作、堀内厚徳さん作画の新連載「線は、僕を描く」が巻頭カラーを飾った。


    欅坂46 渡邉理佐
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像あり】今見ると渡邉理佐の写真集って凄いよな】の続きを読む

    このページのトップヘ